愛知県にある愛知教育大学の特徴

愛知県にある愛知教育大学の特徴

愛知県にある愛知教育大学には、初等教育と中等教育と特別支援学校と養護教諭の教員養成課程を持つ教育学部が設置されています。

そのため、愛知教育大学を卒業するまでには、小学校教諭や中学校教諭などの教員職員免許状を2種類以上4種類まで取得することが可能という特徴を持っています。

また、教育職員免許状は教室の中での学習だけではなく、教室外での介護実習などの体験学習が行われています。

愛知教育大学に入学した1年次には、愛知教育大学に付属している特別支援学校で体験学習が計画されています。

また、2年次では、社会福祉施設などでの介護実習が計画されています。

それらの経験を通して、小学校や中学校の教育職員として必要な幅広い知識や経験を得ることが可能になっています。

愛知県にある名古屋大学の特徴

愛知県にある名古屋大学の特徴

愛知県にある国立名古屋大学は全国的にも有名でレベルの高い大学です。

名古屋大学は北海道大学、東北大学、東京大学、大阪大学、京都大学、九州大学と並ぶ旧帝国大学で歴史のあることも特徴の一つです。

キャンパスは4つあり全てが名古屋市内にあるのではなく一つは豊川市内にあります。

学部は文学部、教育学部、法学部、経済学部、情報学部、理学部、医学部、工学部、の学部と9つあり大学院の設備も充実しています。

名大(めいだい)という愛称で親しまれ、大学のシンボルマークはNagoya Universityの頭文字nuと名大を合成したものでNUマークと呼ばれています。

スクールカラーは濃緑であり濃緑は名古屋大学体育会の機関紙の名称にもなっています。

愛知県にある名古屋市立大学の特徴

愛知県にある名古屋市立大学の特徴

愛知県にある名古屋市立大学は、公立の総合大学です。その最も大きな特徴はやはり医学部があることでしょう。

公立大学で医学部を持っている大学は少なく、薬学部や看護学部など医系学部が充実しており、医療関係に強い公立大学です。

さらに最近、大学病院も立て替えられ設備も非常に充実してきました。また、ほかの学部も名古屋に合った単科大学などを統合する形で学部も増えてきた歴史があります。

経済学部や芸術工学部もあり学べる学問の範囲は広いというのも特徴です。キャンパスは名古屋市営地下鉄の桜山がメインキャンパスとなっています。

グラウンドなども広く、それぞれの学部の交流もあり、充実した学生生活が送れる環境が整っています。