岐阜県にある岐阜大学の特徴

岐阜県にある岐阜大学の特徴

岐阜大学は岐阜県岐阜市に本部を置いている国立大学です。教育学部や地域科学部、医学部など5学部があります。

また、大学院として9研究科があります。岐阜大学の特徴としては多様な文化と技術を学ぶことができます。岐阜市は東西文化が接触する土地になっています。

そのため、岐阜大学は地理的条件から多様な文化を伝承しており、学ぶことができるのです。また、1つのキャンパスにすべての学部や研究科が集まっている特徴があります。

そのため、切磋琢磨して高いレベルの教育やけんきゅうを行うことができるのです。他にも、地域社会の活性化の中核的拠点ともなっています。

岐阜大学は岐阜県で高いレベルの教育を受けることができる大学なのです。

静岡県にある静岡大学の特徴

静岡県にある静岡大学の特徴

静岡大学は静岡県静岡市に本部を置いている国立大学です。キャンパスは静岡市の静岡キャンパスと浜松市の浜松キャンパスがあります。

静岡キャンパスには人文社会科学部・教育学部・理学部・農学部があります。浜松キャンパスには情報学部と工学部があるのです。

そんな静岡大学の特徴は自由啓発と未来創成です。質の高い教育を目指しながら、自由に学ぶことができ、学力の向上を目指しているのです。

また、未来のことを考えた教育・研究を積極的に行うことでさまざまな問題にアプローチしています。この自由啓発と未来創成が静岡大学の特徴なのです。

静岡大学は静岡県内でも有数の国立大学です。そのため、地域社会の発展にも貢献している大学なのです。

静岡県にある浜松医科大学の特徴

静岡県にある浜松医科大学の特徴

浜松医科大学は静岡県の浜松市に本部を置いている国立大学です。大学には医学部医学科と医学部看護学科があります。

浜松医科大学の理念は臨床医と独創性に富む研究者の養成となっています。

そのため、浜松医科大学の特徴としては最新の理論や応用を研究しており、高度の知識や技術を身に付けることができます。

そして、倫理性を持った優れた臨床医・看護専門職を養成しているのです。医学や看護学の進展を目指しており、地域医学や医療の中心的な役割も果たしています。

浜松医科大学には大学院もあり、医学研究科博士課程や修士課程に連合小児発達研究科があります。浜松医科大学は静岡県の中でも、医療の最先端を学ぶことができる大学なのです。