石川県にある金沢大学の特徴

石川県にある金沢大学の特徴

石川県金沢市に本部のある金沢大学は1862年に創設された加賀藩彦三種痘所を起源とする伝統ある国立総合大学です。

現在の教育システムの大きな特徴は、2008年に導入した3学域、16学類からなる「学域・学類制」

学域は「人間社会」「理工」「医薬保健」の三つがあり、「社会のための大学」を標榜、グローバルに活躍できる人材の育成に努めています。

最終的な専門(主選考)をゆっくりと決めることができる経過選択制は全国的にも珍しい制度で、このほか主選考以外にも幅広い学びの機会を提供する副専攻制を導入。

学生一人ひとりの個性とニーズに合わせた学習機会を提供しています。

学生は卒業後、民間企業や医療機関、行政機関など幅広いフィールドで活躍しています。

石川県にある金沢美術工芸大学の特徴

石川県にある金沢美術工芸大学の特徴

金沢美術工芸大学は石川県金沢市に本部を置いている公立大学です。芸術面に特化した大学であり、美術工芸学部が設置されています。

美術工芸学部には美術科・デザイン科・工芸科などがあります。金沢美術工芸大学の特徴としては伝統や歴史を重んじていることです。

金沢市には今でも工芸が生活の中に息づいています。そんな金沢市だからこそ、伝統を重んじた学習ができるのです。

また、小規模の授業を行っているのも特徴のひとつです。そのため、細かい部分まで教えてもらうことができます。そして、質の高い教育を受けることができるのです。

金沢美術工芸大学は石川県にある美術系の大学です。金沢市で伝統や歴史を大切にしながら芸術を学ぶことができます。

福井県にある福井大学の特徴

福井県にある福井大学の特徴

福井大学は福井県福井市にある国立大学です。福井大学の特徴は国立大学の中で高い就職率を誇っていることです。

福井大学には教育学部や医学部、国際地域学部など5学部から構成されています。どの学部でも高いレベルの教育を受けることができます。

福井大学は学術と文化の拠点として、高い倫理観のもとで世界水準の教育・研究を目指しているのです。

また、独創的で地域の特色を活かした教育により、地域や国際社会で貢献することができる人材を育成しています。

21世紀のグローバル社会において専門性を高めて、時代の最先端で活躍できる人材を輩出しているのです。

福井大学は福井県内でも有数の大学です。そして、高いレベルの教育を受けることができます。